パキスタンについて

2008年9月21日 (日)

イスラマバードで自爆テロ

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

9月に入って以降、ラマダン(イスラム教の断食期間)の
ため、ここイスラマバードでは毎日の計画停電が無くなり、
24時間電力を享受できる幸せを噛み締めていた今日この頃。

一方、インターネットの調子が悪く、メールの送受信は
出来るけれどインターネットに接続できない、等の
症状が続いていたため、更新できずにおりました。

まだ接続速度がかなりスローな状況が続いていますが、
なんとかネットにアクセスできるようになったため、
更新してみます。

===
昨日、イスラマバードのマリオットホテルで、自動車に
よる大規模な自爆テロがありました。

JENの事務所兼宿舎は、マリオットのある場所から10km程
離れているのですが、爆発があった時はかなり大きな音と
振動が伝わってきました。
最初は、事務所の近くで大きな自動車事故が起きたのか、
または地震かと思ったくらいです。

その後の報道で、ホテルの複数の客室から火が噴き出して
いる映像や、検問所で爆発するトラック、クレーターのように
大きな穴が開いた地面などの映像が続々と映し出されてきました。

大変多くの方々が亡くなったり負傷されたとのこと。
ご冥福をお祈り申し上げます。

おかげさまで、JENの国際スタッフ・ナショナルスタッフ
共に、現場にいたものはおらず、全員無事でした。
ご心配頂いた皆様、本当にありがとうございます。

===
パキスタンは、昨年末か今年初めころのEconomist誌で
「世界で最も危険な国」という輝かしい称号(?)を
得ています。

確かに、昨年10月にこちらに移ってきてから、今ざっと
思いつくだけでも、
・非常事態宣言の発令
・ブットー元首相暗殺
・イスラマバードのイタリアンレストランで自爆テロ
・ラール・マスジット1周年の自爆テロ
・デンマーク大使館で自爆テロ
・イスラマバード近郊の兵器工場で自爆テロ
・ギラニ首相暗殺未遂
・マリオットホテル自爆テロ

等々、首都のイスラマバードとその近郊だけでも、かなり
不安定さ増していることを象徴するような事件が頻発しています。

加えて、北西辺境州では大規模な武装勢力掃討作戦、
ワジリスタンでは米国主導の掃討作戦等々、紛争状態と
なっている地域が増えています。

このような不安定地域の拡大が、首都の治安悪化に影響して
いるように思えてなりません。

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

雨上がり

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

昨日の雨上がり。
JENパキスタンミッションの成田君に教えてもらい、空を見てみました。

イスラマバードでは、ちょっと幻想的な空が広がっていました。
Cimg1291

Cimg1293

Cimg1294

Cimg1298

Cimg1297

ちょっとパリっぽくないですか?
白い屋根のモスクが、サクレクール寺院みたいだなぁと
思ったりしてwink
誰からも賛同を得られないんですけどねsmile

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

パキスタンのこと②

皆さんこんにちは。ジェンカブール事務所長の柴田哲子です。

昨日に引き続き、今日も、パキスタンのちょっと良いところを
ご紹介しましょう♪

随分前のことですが、Salt Rangeという観光地に遠足に行きました。
イスラマバードの南東約80km、車で2時間程度の場所にありますrvcar

ここはガイドブックにも載っていません。
しかしながら、パキスタンの人びとにとってはとても有名な
観光地らしく、沢山の人が訪れていましたcarouselpony

Salt Rangeとは、その名のとおり「塩の山脈」のこと。
世界最大級の岩塩鉱山を有する山脈なのだそうです(!)。

そして、観光地になっている場所は塩の採掘場。
今も稼働しています。

===

途中ラクダに会ったりしながら向かいました。
Photo


岩塩採掘場内には、こんなトロッコ列車で入っていきます。
ちょっとディズニーランド気分(笑)event
Photo_2

Photo_3

Photo_4
内部は結構ひんやりしています。

列車の終点に着くと、岩塩で作ったモスクなどの建造物が!
Photo_5

分譲住宅?
Photo_6

エッフェル塔?
Photo_7

こんな橋を渡ったりします。幻想的でしょ?
Photo_9

そして、塩湖も沢山ありました。
Photo_8

七色にライトアップされた場所。
Photo_10

塩の結晶。
Photo_11

構内には土産物屋まで!
箱入りティーバッグを売るセンスが若干謎です(笑)。
Photo_12

採掘場から出たところで、現地のギャル(死語)に囲まれました。
外国人がものめずらしかったようです。
Photo_13
「きゃー、どこから来たのー?」みたいな感じ。
ギャルたちのハイテンション振りにちょっとタジタジ。
なんて言いつつも、有名人気分でパチリcamera

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

パキスタンのこと

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

今日は雨が降ったためrain、涼しくなって少しだけ過ごしやすい
イスラマバードですwink
Cimg1286

Cimg1287

===
さてさて、これまでパキスタンについては、結構ネガティブな
記事が多かったので、ちょっと良いことを書いてみようと
思いますhappy01

良いことと言えば、夏が暑いお国柄ということもあり、
美味しいフルーツがとても安く手に入りますcherry banana apple

例えばマンゴー。
アフガニスタンに居る時も、パキスタンから輸入されている
マンゴーをたまに買って食べていました。

ここは本場なので、本当に美味しくて且つ安いのです♪

1kgで70ルピーくらい。日本円にして100円ちょっと。
手の平サイズのマンゴーが約5個で1kgになります。
つまり、1個20円ちょっとです。

目が覚めるような濃厚な甘さでとても美味しく、
繊維が沢山入っていて、健康にも良いのです。

お肌もツヤツヤ♪毎朝1個食べてますshine

これは、日本ではできない贅沢ですよねwink

マンゴーとスモモ。
Cimg1290

===

ちなみに、パキスタンの専門家のような方から聞いた話によると、
パキスタンに来る外国人は、「感情の3ステージ」を経験するらしいです。

第1ステージは、パキスタンの表面的な良いところを見て、
なんとなく好感を持つステージ。

第2ステージは、表面から一歩中に入った内部にある
様々な側面(ある意味パキスタンらしいところ)を見ることで、
パキスタンを心底嫌いになるステージ。

第3ステージは、その憎しみ(?)を乗り越えて、真の
パキスタンファンになるステージ。

とのことです。

私の周りでは、第2ステージの人が圧倒的に多いですね~。
第3ステージまで到達した人は、本当に「その道のプロ」
といった感じの方々で、私の知人では1~2人位でしょうか??

私自身は、パキスタンに移ってきた初期に、既に第2ステージを
経験してしまいました(笑)。
とは言え、その後、第3ステージに移ったという訳でもなく。
もしかしたら、第2ステージと第3ステージの間に、無感覚ステージの
「第2'ステージ」があるのかもしれません(笑)。


本文とは全く関係ありませんが、肉屋の前でのんびりしていたアヒルchick weep
Cimg1283

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

セクハラ対策

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

イスラム圏で、外国人女性が多かれ少なかれ必ず体験し、
悩むこと。
それは地元男性からのセクハラではないでしょうか?

特に日本人の場合、華奢だしおとなしく見えるので、
必ずと言っていいほど同じような悩みを聞きます。

先日の記事にも書きましたが、ここパキスタンでは、
歩いていると、凝視されたり、話しかけられたり、
付いてこられたりということはごく普通にあり、
呼んでないのにタクシーがブーブークラクションを
鳴らしながら横付けしてきたり、

知人の中には、エレベーターの中や歩いている時に
お尻を触られたり、タクシーに腕を引かれて引き込まれ
そうになったり(犯罪!)という人たちがいました・・・。

こんな厳しい環境で身を守るために私が取っている対策を
お伝えします。
困っている方に少しでも役立つと嬉しいです♪

まず、外を歩くときは、「気」を発します。
「1m以内に近寄ったら区別なく殴る!」
それくらいの気合いを入れて歩きます。
例えて言うなら、戦場に向かう戦士のような気持ち。

すると、本当に不思議なのですが、私の周りだけ
すーっと人が避けて行くんですよ!
沢山の人が横並びで目の前から歩いてきても、私の周りだけ
2mくらい空けてすれ違って行きます。

私の場合、よく「怖い」と言われるので、
可憐な女性の方だと難しいかもしれませんが、
自分が「北斗の拳」のケンシロウになったような
気持ちで一度試してみて下さい。

歩き方も、歩幅を大きめに取って、少し堂々と歩くのが
コツです。

それから、じーっと見てくる人に対しては、
同じくらいかそれ以上にじーっと見返すというのも一つの手。
もちろん微笑んだりしてはいけません。
無表情で見返すと、大抵相手が視線をそらしていきます。

いずれにしても、夜は一人では外出しない、周りに
助けになりそうな人がいないような場所には昼間でも一人では
行かない、という基本的なことは守る必要がありますけどね。

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

パキスタンの結婚式

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

先日、ここパキスタンで、パキスタン人スタッフの家族の
結婚式にお呼ばれしてきました。

場所は、スタッフの実家のある、イスラマバードから車で
約2時間の風光明媚な山あいの村。

Cimg1123
こんな中央アジア風の景色や

Cimg1128
こんな岩だらけの山を越えていくと、その村はありました。

家に近づくと、ものすごい大音量のインドミュージックが聞こえてきます。
男性用エリア(屋外)と、女性用エリア(屋内)に分かれていて、
それぞれ別々にお祝いします。

女性用エリアに入ると、式の前のリラックスした雰囲気の中、
それぞれがインドミュージックに合わせて踊ったり、
おしゃべりしたり、華やかに三々五々楽しんでいます。

そのうち、花嫁の着付けとお化粧が始まりました。

私もずっと見学させてもらったのですが、色とりどりの
晴れ着を着た女性たちが、花嫁の髪を結ったり、化粧をしたり
着付けをしたりする様子は、さながら宮崎駿のアニメを見ている
ような、とても幻想的な光景でした。

その後、着飾った花嫁を祝って、踊ったり、食事をしたり、
写真を撮ったり。

そうこうしているうちに、花嫁の旅立ちの時間が近づきます。
まずは誓約書にサイン。
これで正式に花嫁としてこの家から離れることになります。
家族はみな、涙、涙。
そして周りの人たちもつられて涙です。

それから、花嫁を車まで乗せて運ぶ籠が到着。
ちょうど江戸時代の肩に担ぐ籠のような構造です。
でも上に乗っている籠は、鳥籠のような円錐形で、布で覆われています。
花嫁の姿を周りにさらすことなく、車に乗せるための気配りです。

ここで一同号泣。
JENのスタッフも、兄として、式の間は座ることなく働き続けて
いましたが、この瞬間には妹の膝を抱えて男泣きしていました。

一生の別れというわけではありませんが、新しい家族が生まれる瞬間は、
同時にこれまでの家族とのある意味での別れでもあるのだと
考えさせられた瞬間でした。

Cimg1179
女性の写真は載せられないので、式の時便乗して書いてもらった
ヘンナの写真をどうぞ。

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

お正月

皆さんこんにちは。ジェンカブール事務所長の柴田哲子です。

新年明けましておめでとうございます!

随分期間が空いてしまった間に、柴田は日にちの感覚がなくなってしまったのではないか?!とご心配の皆さん、ご心配には及びません。
3月20日は、アフガニスタン歴の新年。お正月でした。
改めまして、サーレナウ・モバラク!(あけましておめでとう!)

丁度昨年の今頃は、事業地から帰る車の中から、北部マザリシャリフに向かう沢山のバスを見かけたものです。
お正月は、マザリシャリフで大きなお祭りがあるとのことで、多くの人が晴れやかな顔でぎゅうぎゅう詰のバスに揺られていました。

===

こちらパキスタンでは、預言者モハンマドの誕生日である3月20日を祝い、あちこちのモスクでお祝いがあったようです。
モハンマド生誕を祝う旗を掲げた乗り物(バス、タクシー、トラック)が沢山走っていました。
そして、トラックの荷台には、嬉しそうな顔をして何やら叫びながら乗っている人々。

スタッフによると、「今日は預言者モハンマドの誕生日なので皆がハッピーなんです」とのことでした。

確かに幸せそうな笑顔をそこかしこでみかけ(↓)、なんだか私まで嬉しくなりました。

Cimg0649
(トラックの荷台にすし詰めになって、モハンマド生誕を祝う旗を掲げてパレード(?)する人たちを車の中から激写!カメラに気付いて嬉しそうです(笑))
===

さて、前回のブログアップはバレンタインデーだったので、実に1か月以上間が空いてしまいました・・・。

その間、これまで比較的安定していたイスラマバードでもイタリアンレストランでの自爆テロが発生し、日本人の記者の方二人が怪我をされたようです。
お会いしたことのある方々だったので、とても心配でしたが、幸い軽症だったようで安心しました。

そんなこともあり、ご心配下さった方々も沢山いらっしゃったのではないかと思います。
いつもありがとうございます!
おかげさまで、現在イスラマバードに4名いる国際スタッフも、ナショナルスタッフも全員無事でした♪

===

ということで、つれづれとまとまりなく書いてしまいましたが、今後はもう少し頻度高くアップしていきたいと思っていますので、引き続きご覧くださいませ♪

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

イスラマバードの街

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

イスラマバードは、丁度京都のように、碁盤の目状に
街が整備されている計画都市です。

北西から南東に向かって、E→F→G→H→I
北東から南西に向かって、6→7→8→9→10→11
と区画されています。

そして、各地区には、ローマ字と数字の番号が振られています。

例えば、
「イスラマバードの渋谷」と呼ばれる(?)若者に人気のエリアはF7
大使館が多く集まるDiplomatic Enclaveと呼ばれるエリアはG5
アキバのように数多くの電気屋さんが集まるエリアはG6-G7
と言った感じです。

そして、各地区にはMarkaz(マーケットの意味)と
呼ばれる買い物エリアがあります。

各地区のMarkazにはそれぞれ特徴があるようです。
F7のMarkazは若者向けのおしゃれな洋服屋さんや小物、DVD屋さんが多い。
F8のMarkazはかなり庶民向け+パキスタン料理屋さんが多い。
F10Markazは質の良い民族服ブティックが多い+アフガン系の店が多い。

等々。

来る選挙でまだまだ不安定な状況が続きそうですが、
少し落ち着いたら、街を開発してみたいと思います。

F10Markazのベーカリーでこんなケーキが売ってました。
バレンタイン用だそうです♡

Cimg0553
しかしヴィヴィッドな赤色ですね・・・。
写真を撮らせて欲しいとお願いしたら、快く応じてくれた
ご主人には悪かったのですが、健康のことを考えると
ちょっと買う気にはなりませんでした(笑)。

| | コメント (2)

2008年2月12日 (火)

イスラマバードは春の気配

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

イスラマバードは、先週末くらいまで冷たい雨が続いていましたが、
最近日増しに暖かくなり、春の訪れを感じる今日この頃です。

街中では、色とりどりの花が売られています。
花屋さんの店先には、なぜかグラジオラスばかりが並んでいるのですが、
路面で売られている花は、小さいバラや水仙など、野趣溢れるものが
多いようです。

特に水仙が沢山出ている街角には、甘く爽やかな春の香りが漂っていて、
それだけで幸せな気分になります♡

Cimg0532

ネコスケも名前はアレですが、一応女の子。
お花が好きなのねー♪

Cimg0528

と思ったら、花瓶の水を飲みだしました!!
やっぱり花より団子。飼い主似なのね(笑)。

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

期待値と評価の反比例の法則

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

イスラマバードでは、最近一日平均2-3回の割合で停電になります。

不足するエネルギー源を調整するために行っている計画停電のようで、毎日決まった時間に起こります。

現在は集合住宅に住んでいるので、バックアップ用の発電機も置けず、電気が止まったら来るまで待つしかありません。

しかしよく考えてみれば、カブールでは電気が来る方がむしろ少なく、一日1-2回でした。
しかも、電力もとても弱く、たとえ電気が来ていても家の中はとても暗くて、本などを読むにはデスクスタンド必須という状態でした。

それに比べれば、一日数回の停電でも、それ以外の時は煌々と付く電気を享受できる今の状態は天国のようなもの。

愚痴を言ったらバチが当たるといったもんです(笑)。

たった2-3回の停電でイライラしてしまう自分を振り返り、期待値と評価の反比例の法則を実感しました。

イスラマバードは片側3車線の舗装された道路が走り、住宅街もビバリーヒルズのような外観(←これホントです。誇張じゃないですよ)。

マクドナルドもSUBWAYもケンタッキーもピザハットもあるし、電気も水道もガスも電話もあります。

毎日暖かいシャワーを浴びられるし、どんなに朝早くても翌日の格好をして寝る必要もないし、ドライヤーだって使えるんです。

それから、マイナス20℃まで冷え込んだりしないので、寝る時に毛布を7枚かけて寝る必要もないし、蒲団から出ている頭が寒さで痛くなるからといって帽子をかぶって寝る必要だってありません(笑)。

なので、期待値が自ずとあがっちゃうんですよね。

でも実際は、エアコンの通風口から虫が入ってきたり、お風呂場の天井から雨のように水漏れがしたり、お風呂場の天井一面をカビが覆っていたり(コワイ・・・)、電球がしょっちゅう割れたり・・・。
そんなことが日常茶飯事で起きています(笑)。

開発途上国ではある意味当たり前のことばかりですよね。
でも最初の期待値が高いと、現実以上に評価がぐぐっと下がってしまうところがあるように思います。

期待値と評価の反比例の法則です。

これが最も当てはまる場所、それがイスラマバードだと感じる今日この頃なのです。

Photo_2

片側3車線の道路。街灯も街路樹も整備されています。定期的に散水車が水をまいてますし、街路樹の苗木には藁が巻かれて寒さから保護されています。

Photo_3

ダンキンドーナツもありまーす。

Photo

これは売り物の絨毯。道路わきのスペースに、まるで美術館のように飾られていいます。ちょっと粋ですよね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧