自己紹介

2007年5月17日 (木)

お礼:1,000人!

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

ブログを始めてからまだ1ヶ月経ちませんが、いつのまにか、既に延べ1,000人以上の方にご覧頂きました!ありがとうございます!!
私自身も、原稿作成後にきちんとアップされているかをチェックしているのですが、自分のチェックした回数を除いても、実に1日当り40人以上の方にご覧頂いたことになります♪

アフガニスタンの食べ物シリーズは続くのですが(まだ続くの?!というご意見もありますか?(笑))、延べ1,000人の方々にご覧頂いたとても嬉しいこの機会に、再度、初心を振り返ってみたいと思います。

ブログ第1回目のご挨拶や、外交フォーラムの原稿にも書かせて頂きましたが、このブログを開始した理由は、
「日本では治安以外の報道がなされることが殆ど無い『アフガニスタンの今』について、より多くの方々にお伝えすることにより、アフガニスタンやJENの活動をより身近に感じて頂くこと」にあります。

何故、身近に感じて頂きたいと思うのか。

それは、アフガニスタンで四半世紀もの間紛争が続いてきた理由の一つに、アフガニスタンが忘れ去られた国であったことが挙げられるからです。世界のどこかで紛争が生じる背景には、国際社会による「意識的な」又は「無意識の」無関心があります。同じ歴史を繰り返さないためにも、アフガニスタンのことを一人でも多くの方に知って頂き、関心を持って見守り支援し続けて頂くことが重要だと考えています。

そのためにも、アフガニスタンに親近感を持って頂けるような、またアフガニスタンについて考えて頂けるような情報を、今後とも発信し続けていきたいと思います。

以上、「初心」表明演説(?)でした。

今後とも、ご覧頂けると幸いです☆

P1080040_1_1
朝日にバラ色に染まるヒンズークシ山脈。美しいです。

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

外交フォーラム!

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

お知らせがあります!

本日(5/8)発売の「外交フォーラム 6月号」に原稿を書かせて頂きました。

「紛争後復興支援の現実と実感 自立を支える触媒としてのNGO」という内容です。

アフガニスタンの復興支援の現状、その中でNGOが果たすべき役割、スタッフ育成を中心とした現在の仕事の内容や今後の方向性等、当地に来てから感じ続けてきたことや考えたことをまとめました。

宜しければ是非、ご覧下さい!

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

ご挨拶

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子(しばたのりこ)です。

4月はスタートの季節ですね♪

皆さんはどのような新年度を迎えられましたか?

私は、お正月や年度の変わり目の4月になると、新しい計画を立てたり、新しいことを始めたくなってしまうタイプです(笑)。

ということで、「アフガニスタンの今」をより多くの方々に知って頂くため、桜の美しい今月より、このブログを始めることとしました。


アフガニスタンについて、日常のできごとから紛争後復興支援の現場で考えたことまで、幅広くお届けしていきたいと思います。

そのほかにも、日々七転八倒しながら取り組んでいるマネジメント業務や、仕事について考えること等々についても書いていきたいと思います。

Photo_7

なるべく定期的に更新していく予定です。
どうぞ宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)