JENの活動紹介

2008年9月24日 (水)

東京FMクロノス

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

今朝お話しさせて頂いた、ラジオ番組、東京FMのクロノス

クロノスとは、ギリシャ語で「時の神」を表すのだそうです。
なるほど~clock

今日のテーマは「アフガニスタン情勢」ということで、
とても興味深い番組構成だったようです。

私は、”POINT OF クロノス”というコーナーでお話しさせて
頂きました♪

ネットでもチェックできるので、是非、ご覧になってみて
くださいねwink

ちなみに、番組では「世の中まだ捨てたもんじゃないよな、
と感じたエピソード」を募集しているようです。

確かに、忙しいかったり暗いニュースにばかり触れていると、
気が滅入っちゃいますよね・・・・。
そんな時、じーんとするエピソードを読んだり聞いたりすると
心がほんわかして、パワーが出てくること、ありますheart02

そういうエピソードにに勇気づけられたり、一日を気持ち
よく送れたりするんですよね。
そういうエピソードに溢れた世界って素敵ですよねshine

そんなお話のある方は、是非、番組に送ってみなさんと
シェアされてみてはいかがでしょうかheart04

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

ラジオ(東京FMクロノス)出演

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

ラジオの取材を頂きましたkaraoke

放送時間が若干朝早いのですが、爽やかな朝の空気fuji
味わいながら、お聞き頂ければと思います♪

番組名:東京FMクロノス80MHz(JFN全国38局ネット)

放送日:2008年9月24日(水)6:15am~←明日の朝です!!
   (生放送のため変更になる可能性があります)

お話しした内容は、
1:最新のアフガニスタン情勢
2:現在の支援の形態・内容
3:現地の人々の、いま最も切実なニーズは?

です。

宜しければ是非お聞き下さい☆

| | コメント (0)

2008年3月30日 (日)

スマイルシーズ

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

突然ですが、母の日にはみなさん何をされますか?

毎日、家族の健康を考えて美味しい料理を作ってくれたり、
洗濯や掃除をしてくれたり、働いて家族の生活を支えてくれたり・・・。
お母さんによっては、外で働いて且つお家のこともして、
というスーパーマザーもいらっしゃるのではないかと思います。

そんなお母さん(もしくは奥様)に、普段は中々口に出して
言えないような感謝の気持ちを込めて、今年はお花tulipと笑顔happy02
贈ってみませんか?

JENは今年から、スマイルシーズプロジェクトを開始しました!

Smileseed_l1

詳細はこちら↓

--------------
~母の日のプレゼントに「スマイルシーズ」のブーケを贈りませんか?~

一年に一度、いつも伝えられない「ありがとう」を贈る、母の日。
それは、一年でもっとも、お母さんに笑顔が浮かぶ日なのかもしれません。
スマイルシーズは、そんなお母さんの笑顔を世界につなごうというプロジェクト。

期間中、スマイルシーズ参加費¥4500で、あなたの大切な人へJENオリジナル
ブーケ
が、スリランカのお母さんに野菜の種や苗が届きます。

笑顔のタネで世界をつなぐ、スマイルシーズ。
あなたも参加してみませんか?
詳細:http://www.jen-npo.org/participation/buy.html#smile
--------------

是非、あなたの大切な人に感謝の気持ちを込めて素敵な笑顔tulipを、
そしてスリランカのお母さんにも、喜びの笑顔budを届けて下さい。

私も、大切な2人の母のために、早速予約をしてしまいました♪
ということは、スリランカのお母さんを含めて、4人のお母さんに
笑顔を贈れるのかな♡
楽しみです☆

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

イスラマバードに戻りました

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

先日お知らせした合同報告会には、おかげさまで沢山の方々にお越し頂きました♡
当日のこのブログ上での告知をご覧になってお越し下さった方もいて、とても感激しました。ありがとうございました♪

3地域(アフガニスタン・パキスタン・イラク)でのJENの活動についてご紹介し、そして沢山の方々とワインを片手に語り合いました。私自身もとても楽しませて頂き、また様々な気付きを頂いた夜でした。

そんなこんなで、大変充実した日本での日々を終え、本日イスラマバードに戻って来ました。

突然ですが、19世紀は大英帝国の時代、20世紀は米国の時代、21世紀は中国の時代と言われますが、それを感じさせる中国のエネルギッシュさを垣間見た帰路でした。

北京経由のパキスタン航空の機内で、通路をはさんで隣に座っていた女の人は、中国人。
なぜか突然話しかけられ(「赤いバッグかわいいね。私も赤が好き。赤い自転車持ってるよ」と話しかけられたのでした(笑))、根掘り葉掘り色々聞かれ(結婚しているのか、何歳か、子供はいるのか、何の仕事をしているのか、給料はいくらか、大学はどこを出たのか・・・etc)、同時に、(こっちが聞いてないにも拘らず(笑))彼女の身の上について色々話してくれました。

彼女は中国で短大を2つ出た後、日本に赴任した中国人のご主人と共に日本に移り、日本の私立大学で経済学の学士号を取り、その後続けて日本で働き、それから日本の国立大学で日本文学の修士号を取ったそうです。合計13年間勉強したと言ってました。

その間、子どもが二人生まれたけれども、二人とも中国に住む実母に預けて、仕送りを続けてきたそうです。
日本で働くと、安くても20万くらいはお給料をもらえるけれども、中国だと6万円位しかもらえないため、しばらくはこの形で稼いでいくつもりとのことでした。
しかし、既に仕送りで中国には新しい家を建て、子ども達には複数の習い事をさせているとのことです。

「勉強した分回収しなくちゃ、投資したら回収しないと意味ないからね」、と語る彼女は、エネルギーに溢れていて、今の中国を象徴しているようでした。

Cimg0516

本文とは関係ありませんが、しばらく離れていたため、とってもさみしんぼうになってしまったネコスケ。どこに行くにも付いてきて、いつも私を見張れる位置に陣取って、どこにも行かないよう目を光らせています(笑)。

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

新年ごあいさつ+合同報告会のお知らせ

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

気が付けば、1月ももう半ばですね。
皆さん如何お過ごしですか??

遅ればせながらあけましておめでとうございます!
2008年が、皆さんにとって素晴らしい一年となりますように。
そして、アフガニスタンに暮らす人々にとって、平和を実感できる一年となりますように。

さて、実は私は、1月7日から一時帰国をしていました。
今回の帰国は、JENの方向性について協議する会議に参加することが目的でした。
1月11日~14日の4日間にわたり、長野の施設に缶詰めになって、JENの現在の課題や今後の方向性について朝から晩まで徹底的に議論しました。熱かったです!
特に、PFC(People Focus Consulting)という、ファシリテーションのプロ、そして熱いハートを持つ方々のご支援を頂いたので、とても有意義な時間を持つことができました。

今回の帰国のもう一つの目的が、本日開催される合同報告会です。
JENの世界3か所の事務所長が一同に会してお話しさせて頂く初めての機会となります♪

まだ席に余裕があるようなので、もしご興味のある方はぜひお越しくださいませ♡
仕事帰りにワインを飲みながら、国際協力への参加やNGOとのコラボ等々について語り合えればと思っています♪

            記

ラウンドテーブル・セッション、 合同報告会開催!
日時:2008年1月16日(水)  ←本日です!
   開場/18 : 00 スタート/18 : 30
場所:「神楽坂 ル・コキヤージュ」
   住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-12-10 ヒルズ神楽坂1F
   Tel:03-3269-7003
概要:JENの海外事務所の事務所長が一同に会します。
   私たちがJENに求める支援とは?
   私たちにできる支援とは?
   ざっくばらんな意見交換会"Cafe Liberte"が発足します。
  スピーカーライナップは、ご覧のとおり。
  ● シリル・カッパイ(海外事業部 部長)
  ● 柴田 哲子(アフガニスタン カブール事務所 所長)
  ● 山田 絵美(パキスタン イスラマバード事務所 所長)
入場料 : 2,000円(ワンドリンク付き)
(*賛助会員、JSC会員は1,600円<ワンドリンク付き>)
定員 : 25人

Contact : ■<お問い合わせ・お申し込み>
JEN東京本部事務局・西丸まで
電話:03-5225-9352       
email: info@jen-npo.org

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

東京FM SKY レインボープロジェクト

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

突然ですが、皆さんは何色が好きですか?

私は、長い間モノトーンや茶色など、色味のあまりない色(?)が好きだったのですが、最近はが好きで、身の周りを見直してみると、随分と赤色のものが集まっています。

先日、10年振りに買い換えたスーツケースも赤。赤のリモワです♡カワイイ♪
それから、PCを持って移動することが増えた今、とても重宝している大きさのバッグも赤。盲腸になる直前にドバイのZARAで購入。

Cimg0403

赤のバッグ赤のリモワネコスケ

赤は疲れている時や元気がない時に見ると、エネルギーをくれる色なので、とても気に入っています。

色って、様々な効果があるようで、カラーセラピーや色の風水なども盛んですよね。

さて、今朝のラジオ、聞いて頂きましたか?

このラジオ番組(東京FM SKY)では、アフガニスタンの子供たちに「色」を贈る「レインボープロジェクト」を行っているそうです。
リスナーの方から集めた色鉛筆やクレヨンや折り紙を、アフガニスタンの子供たちに届けるプロジェクトだそうです。

プロジェクトの最終日の今日、アフガニスタンの子供たちの状況をリスナーの方にお伝えするために、お話しさせて頂きました。

JENでも、「ゆめポッケ」というプロジェクトを行っています。

これは、日本の子供たちがきんちゃく袋に思い思いの文房具やおもちゃやぬいぐるみを入れて贈ってくれたものを、アフガニスタンの子供たちに届けるプロジェクトです。

まだまだものが十分にないアフガニスタンなので、思わぬプレゼントを受け取った子供たちの笑顔はまぶしいくらいです。
文房具の入ったきんちゃく袋を、通学用のバッグとして使ったり、ぬいぐるみ等のおもちゃを兄弟で一緒に使ったりする子ども達もいるようです。

ということで、今回の東京FMさんの「レインボープロジェクト」も、子ども達に笑顔を届ける素敵な試みだなぁ、と思った次第です。

JENのホームページも紹介して頂きました

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

ラジオ出演-東京FM SKY

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

イードモバラク!&メリークリスマス!

随分ご無沙汰してしまいました。元気に生きてますよー。
この音信不通期間中のできごとについては、また追って書かせて頂きますね♪

取り急ぎ、今日はお知らせです。

以下の予定で、ラジオに電話生出演予定です。

アフガニスタンの子どもたちについてお話しします。
日本にいらっしゃる方で、お時間が合う方は、是非、聞いてみてくださいね♡

放送局:東京FM(80.0 MHz)

日にち:2007年12月26日(水) ←明日です!!

時間:朝 7:10~5分程度

番組名:SKY(スカイ)
     毎週月曜日~金曜日 5:00~8:30放送

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

初雪@カブール

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

久々のカブールで初雪に遭遇してしまいました♪
冬ですね~♡

なんて、情緒的なことを言っている場合ではありません!

なんせ私たちは、現在パルワン州で2校の学校を再建している真っ最中なのです。

雪や雨が降ったら、工事はストップせざるを得ません。
一方で、気温がマイナス10度を超えるとコンクリート工事ができなくなるため、現在は冬前までに校舎の基礎部分まで建設を終えるべく、必死に取り組んでいるところなのです・・。

どこの国でも、建設工事が予定通りに進むことはまずないと思いますが、アフガニスタンの場合、複雑な社会状況が、工事の進捗を妨げる場合がより多いように思います。

例えば、工事の最中で元コマンダーを名乗る村人(ふつーの人)が、「俺をエンジニアとして雇え!」と要求してきたり、突然「この土地は俺のものだ!」と名乗る村人が出現したり・・・。

そんな時は、JENの学校建設事業では必ず設立することを求めている「学校建設委員会」の出番になります。
学校建設委員会は、教育局・学校・村人・ジェンの4者で構成されます。
そして、建設事業の準備・実施・完成後の維持管理の各段階でのそれぞれの責任を決めたり、何か問題が起きた場合には解決の場となったりするのです。

今回の学校再建事業でも、この委員会には何度もお出まし頂いています(笑)。

もちろん、その場で即解決することは殆どありませんが、関係者が問題について顔を突き合わせて協議することで、事業に対するオーナーシップを高める役割があります。

イスラマバードから来ると随分寒く感じるカブールですが、まだゼロ℃前後ということで、去年に比べたら相当な暖冬になっています。

工事の観点からみると、ありがたいことなのですが、一方で水源を冬の雪解け水に頼っているアフガニスタンなので、来年の水、そして電気事情が今から心配です・・・・。

今回、デジカメのケーブルをカブールに持ってこなかったので、出張時の写真はイスラマバードからアップしますね♪

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

イスラマバードへの移転と事業の遠隔管理-その2(将来の姿の共有)

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

私は、アフガニスタンへの赴任以降、目指してきたことがあります。
それは、アフガニスタンの人たちが自分たちの力で国造りができるように、側面支援をするということです。

もちろん、JENの活動のスタンスそのものが、「自立の支援」となっています。

しかしながら、さらに、JENのアフガニスタンの事務所も、最終的にはアフガニスタン人スタッフが自分たちでマネジするようになってほしいと思い、そのような体制になるように、体制変更や日々の業務を通じてスタッフのキャパシティディベロップメントに努めてきました。

同時に、この目指している姿について、常にアフガニスタン人スタッフに伝え、目標とする姿を共有するようにしてきました。

(詳細はこちら(外交フォーラム)に記載しましたので、ご興味があれば是非ご一読下さいませ♪)

前回のエントリで、アフガニスタンでの遠隔管理は、相当な苦労を伴う、というお話をしました。

しかしながら、今回の遠隔管理体制への移行は、これまで目指してきた方向性に沿ったものであると確信しています。

確かに時期的には若干(相当?!)早かったようにも思いますが、ある意味アフガニスタン人スタッフも私たちも、背水の陣のような心構えで臨んでいるため、アフガニスタン人スタッフの成長速度は目を見張るものがあります。

これまで、「できません」という言葉を簡単に言っていたスタッフも、そばでサポートしてくれる国際スタッフがいなくなった現在、自分なりのやり方でなんとか仕事を完成させ送ってくるようになりました。

また、これまで以上に厳しい指摘をせざるを得ない状況なので、毎回の報告書等への指摘も厳しいものとなってしまうのですが、それにもめげず、毎回指摘を吸収し大幅に改善した報告書を送ってくるスタッフもいます。

物理的には離れていても、同じ目標を見失わないように、方向性を誤らないように、今後も体制整備を続けていきたいと考えています。

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

イスラマバードへの移転と事業の遠隔管理-その1(体制立ち上げ)

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

さて、今日はイスラマバードへの国際スタッフの移転・事業の遠隔管理についてお話します。

JENでは、アフガニスタン国内の治安状況の悪化傾向を踏まえ、10月中旬から国際スタッフはイスラマバードに拠点を移すことになりました。

そして、現場にいるアフガニスタン人スタッフに、電話・メール・インターネット電話等を使って指示を出し、報告を受けながら、現在実施している事業(パルワン州での学校再建事業)を継続しています。

しかしながら、指示を出す/報告を受けると言っても、簡単にいくことはなかなかありません。
そのため、治安状況等を見ながら、国際スタッフが随時アフガニスタンに出張して管理することにしています。

=====
イスラマバードに移転してから2ヶ月弱となりますが、この期間は新しい事務所の立ち上げと、体制の整備に奔走した時期でした。

具体的には、新事務所のセットアップ(電話回線やインターネットを引いたり、スタッフを雇用したり、銀行口座を開設したり、名刺を作ったり・・・・等々)と、業務フローの立ち上げ(アフガニスタン人スタッフからいかに必要な情報をタイムリーに入手するか)を行っていました。

特に、タイムリーな情報の入手という点では、一番苦労したかもしれません。

例えば、レポートを書くことに余り慣れていないスタッフから上がってくる報告書は、最初のうちは何が書いてあるのかさっぱり意味がわからないものが殆どでした。まず大量の誤字脱字を指摘し、また、文法の修正を行い、文章として意味が通る内容に修正するために、メールや電話で何度かやりとりを行う必要がありました。

また、アフガニスタン人は誇り高い民族であるためか、事業を遅延させるような問題が発生した場合でも、それがなかなか報告書に現われてきません。何度か工事業者からの指摘で、そのような問題が発覚するということがありました。そのため、そもそも報告書に何を書くべきか、ということについても指導が必要でした。

アフガニスタンという国で遠隔管理を行うということは、ある程度の予想はしていたものの、相当な苦労を伴うものであるということを実感したこの2ヶ月間でした。

| | コメント (0)