« ストレス対策 | トップページ | セクハラ対策 »

2008年7月25日 (金)

パキスタンの結婚式

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

先日、ここパキスタンで、パキスタン人スタッフの家族の
結婚式にお呼ばれしてきました。

場所は、スタッフの実家のある、イスラマバードから車で
約2時間の風光明媚な山あいの村。

Cimg1123
こんな中央アジア風の景色や

Cimg1128
こんな岩だらけの山を越えていくと、その村はありました。

家に近づくと、ものすごい大音量のインドミュージックが聞こえてきます。
男性用エリア(屋外)と、女性用エリア(屋内)に分かれていて、
それぞれ別々にお祝いします。

女性用エリアに入ると、式の前のリラックスした雰囲気の中、
それぞれがインドミュージックに合わせて踊ったり、
おしゃべりしたり、華やかに三々五々楽しんでいます。

そのうち、花嫁の着付けとお化粧が始まりました。

私もずっと見学させてもらったのですが、色とりどりの
晴れ着を着た女性たちが、花嫁の髪を結ったり、化粧をしたり
着付けをしたりする様子は、さながら宮崎駿のアニメを見ている
ような、とても幻想的な光景でした。

その後、着飾った花嫁を祝って、踊ったり、食事をしたり、
写真を撮ったり。

そうこうしているうちに、花嫁の旅立ちの時間が近づきます。
まずは誓約書にサイン。
これで正式に花嫁としてこの家から離れることになります。
家族はみな、涙、涙。
そして周りの人たちもつられて涙です。

それから、花嫁を車まで乗せて運ぶ籠が到着。
ちょうど江戸時代の肩に担ぐ籠のような構造です。
でも上に乗っている籠は、鳥籠のような円錐形で、布で覆われています。
花嫁の姿を周りにさらすことなく、車に乗せるための気配りです。

ここで一同号泣。
JENのスタッフも、兄として、式の間は座ることなく働き続けて
いましたが、この瞬間には妹の膝を抱えて男泣きしていました。

一生の別れというわけではありませんが、新しい家族が生まれる瞬間は、
同時にこれまでの家族とのある意味での別れでもあるのだと
考えさせられた瞬間でした。

Cimg1179
女性の写真は載せられないので、式の時便乗して書いてもらった
ヘンナの写真をどうぞ。

|

« ストレス対策 | トップページ | セクハラ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレス対策 | トップページ | セクハラ対策 »