« パキスタンの結婚式 | トップページ | 気になること②:エキセントリックな噂話 »

2008年7月26日 (土)

セクハラ対策

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

イスラム圏で、外国人女性が多かれ少なかれ必ず体験し、
悩むこと。
それは地元男性からのセクハラではないでしょうか?

特に日本人の場合、華奢だしおとなしく見えるので、
必ずと言っていいほど同じような悩みを聞きます。

先日の記事にも書きましたが、ここパキスタンでは、
歩いていると、凝視されたり、話しかけられたり、
付いてこられたりということはごく普通にあり、
呼んでないのにタクシーがブーブークラクションを
鳴らしながら横付けしてきたり、

知人の中には、エレベーターの中や歩いている時に
お尻を触られたり、タクシーに腕を引かれて引き込まれ
そうになったり(犯罪!)という人たちがいました・・・。

こんな厳しい環境で身を守るために私が取っている対策を
お伝えします。
困っている方に少しでも役立つと嬉しいです♪

まず、外を歩くときは、「気」を発します。
「1m以内に近寄ったら区別なく殴る!」
それくらいの気合いを入れて歩きます。
例えて言うなら、戦場に向かう戦士のような気持ち。

すると、本当に不思議なのですが、私の周りだけ
すーっと人が避けて行くんですよ!
沢山の人が横並びで目の前から歩いてきても、私の周りだけ
2mくらい空けてすれ違って行きます。

私の場合、よく「怖い」と言われるので、
可憐な女性の方だと難しいかもしれませんが、
自分が「北斗の拳」のケンシロウになったような
気持ちで一度試してみて下さい。

歩き方も、歩幅を大きめに取って、少し堂々と歩くのが
コツです。

それから、じーっと見てくる人に対しては、
同じくらいかそれ以上にじーっと見返すというのも一つの手。
もちろん微笑んだりしてはいけません。
無表情で見返すと、大抵相手が視線をそらしていきます。

いずれにしても、夜は一人では外出しない、周りに
助けになりそうな人がいないような場所には昼間でも一人では
行かない、という基本的なことは守る必要がありますけどね。

|

« パキスタンの結婚式 | トップページ | 気になること②:エキセントリックな噂話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パキスタンの結婚式 | トップページ | 気になること②:エキセントリックな噂話 »