« アフガン女性の女子力! | トップページ | つれづれ »

2008年1月27日 (日)

期待値と評価の反比例の法則

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

イスラマバードでは、最近一日平均2-3回の割合で停電になります。

不足するエネルギー源を調整するために行っている計画停電のようで、毎日決まった時間に起こります。

現在は集合住宅に住んでいるので、バックアップ用の発電機も置けず、電気が止まったら来るまで待つしかありません。

しかしよく考えてみれば、カブールでは電気が来る方がむしろ少なく、一日1-2回でした。
しかも、電力もとても弱く、たとえ電気が来ていても家の中はとても暗くて、本などを読むにはデスクスタンド必須という状態でした。

それに比べれば、一日数回の停電でも、それ以外の時は煌々と付く電気を享受できる今の状態は天国のようなもの。

愚痴を言ったらバチが当たるといったもんです(笑)。

たった2-3回の停電でイライラしてしまう自分を振り返り、期待値と評価の反比例の法則を実感しました。

イスラマバードは片側3車線の舗装された道路が走り、住宅街もビバリーヒルズのような外観(←これホントです。誇張じゃないですよ)。

マクドナルドもSUBWAYもケンタッキーもピザハットもあるし、電気も水道もガスも電話もあります。

毎日暖かいシャワーを浴びられるし、どんなに朝早くても翌日の格好をして寝る必要もないし、ドライヤーだって使えるんです。

それから、マイナス20℃まで冷え込んだりしないので、寝る時に毛布を7枚かけて寝る必要もないし、蒲団から出ている頭が寒さで痛くなるからといって帽子をかぶって寝る必要だってありません(笑)。

なので、期待値が自ずとあがっちゃうんですよね。

でも実際は、エアコンの通風口から虫が入ってきたり、お風呂場の天井から雨のように水漏れがしたり、お風呂場の天井一面をカビが覆っていたり(コワイ・・・)、電球がしょっちゅう割れたり・・・。
そんなことが日常茶飯事で起きています(笑)。

開発途上国ではある意味当たり前のことばかりですよね。
でも最初の期待値が高いと、現実以上に評価がぐぐっと下がってしまうところがあるように思います。

期待値と評価の反比例の法則です。

これが最も当てはまる場所、それがイスラマバードだと感じる今日この頃なのです。

Photo_2

片側3車線の道路。街灯も街路樹も整備されています。定期的に散水車が水をまいてますし、街路樹の苗木には藁が巻かれて寒さから保護されています。

Photo_3

ダンキンドーナツもありまーす。

Photo

これは売り物の絨毯。道路わきのスペースに、まるで美術館のように飾られていいます。ちょっと粋ですよね。

|

« アフガン女性の女子力! | トップページ | つれづれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフガン女性の女子力! | トップページ | つれづれ »