« とある日常 | トップページ | 自爆テロ犯の特徴 »

2007年10月 5日 (金)

カブールの暮らし

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

「アフガニスタンに長く住んでいると神経が磨り減ってくる」というのは、方々で聞かれる言葉です。
そして、ちょっとオカシクなっちゃう人もいるとか。

というのは、生活面では、徒歩での外出はまず無理、最近では車での外出もかなり厳しいような閉じられた空間、職住近接(または同一)、治安面での不安等々が、そして、仕事面では、一つのことがなかなか思うとおりに進まないこと、なかなか改善が目に見えない環境や社会・・・・etcが雪のように降り積もって、精神的に圧迫されてしまうようです。

「しまうようです」、とヒトゴトみたいに書いていますが、勿論私も精神的な疲れを感じることはしばしば。
ブログとの関係では、アウトプットする体力というか、アウトプットしたいと思う気持ちに繋がる感性というか、アウトプットに至るまで考察する知力というかが底を突きつつあるような気がします。
書きたいテーマは沢山あるのですが、じっくり考えることができなくなってきている気がします。
人間ですからね。当たり前といえば当たり前です。うん。

さて、そんな疲れを癒すために、もうすぐ帰国休暇に入ります♪
この1年、ガムシャラに走り続けてきた気がしますので、ここで1回リセットし、越し方行く末をゆっくりじっくり考えてみたいと思います。

そして、美味しいものを沢山食べてエネルギーを蓄え、次のタームに備えたいと思います(笑)。
ちなみに今食べたいものは、

坦々麺(赤坂飯店)、トムヤムラーメン(ティーヌン)、寿司(六法)、浅草の海老天丼、焼肉(叙々苑)、トンカツ、しゃぶしゃぶ、讃岐うどん、うなぎ(ひつまぶし)、鯛茶漬け、串揚げ、お好み焼き、たこ焼き・・・。

といったところです(笑)。

なお、帰国の際には、JENの東京本部で帰国報告会をさせて頂きます。
日程が決まったら、またこちらでもお知らせいたしますね。

|

« とある日常 | トップページ | 自爆テロ犯の特徴 »

コメント

アウトプットが出ないというのは本当によくわかります。カブールに来たばかりの頃は全然ことなる環境の中で入ってくる情報量が多かったのか、沢山書こうという気になりましたが、最近はなかなか書きたいと思うことが出てこません。よくないですよね。でも、日本に帰ったり国外で休養するとまた新鮮な気持ちになって書きたいと思ったりします。きっと休暇から帰ったらまた書きたいという気持ちが沸いてくるのではないでしょうか。今はその時期ではないというだけなのかもしれませねんね。

kenta

投稿: kenta | 2007年10月 7日 (日) 13時08分

kentaさん、

コメントありがとうございます♪
最近富みに、赴任当初の頃と現在の自分の違いを感じる日々です。年かなぁ・・・(笑)。

でもご指摘の通り、環境が若干変わったりすると、またゲゲゲの鬼太郎の髪の毛みたいにアンテナがピンと立ったりするんでしょうね。

少しの間環境を変えて、美味しいものを沢山食べたり、美しい景色や芸術に触れたり、友達と沢山会ったり、色々な刺激を受けたら、また書きたい気持ちが沸いてくるのだと期待します♪

投稿: 柴田哲子 | 2007年10月 7日 (日) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とある日常 | トップページ | 自爆テロ犯の特徴 »