« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

一時帰国+活動報告会!

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

大変ご無沙汰してしまいました。皆さんお元気ですか?

私は、10月の中旬から日本に一時帰国しています。昨年10月末に赴任して以降約1年が経過したため、帰国休暇を頂いております。
カブール出発前後は非常にバタバタしていたため、全くブログの更新が出来ず、ご心配をおかけしてしまったかと思います。おかげさまで元気に過ごしています♪

一時帰国中は、JEN東京本部に出勤したり、健康診断を受けたり、友人と会ったり、結婚式に出席したり、美味しいものを沢山食べたり、ショッピングをしたり、旅行に行ったりと、充実した毎日を過ごしています(笑)。充実しすぎ?

さて、今回の帰国休暇中に、JENの東京本部にて活動報告を行います。JENが現在行っているパルワン州での学校再建事業や、普段このブログを通じてお伝えしている「アフガニスタンの今」について、直接ご紹介させて頂きたいと思っています♪

東京近郊にお住まいでご興味のある皆さま、是非ご参加下さい!!

■報告者:柴田 哲子 (JENアフガニスタン カブール事務所 事務所長)
■日時:11月1日(木)18時半~20時半
 ※ 受付は18:00から開始します
■会場:JEN東京本部事務局
 (JR、地下鉄 飯田橋駅徒歩4分)
■定員:25名 
 ※定員になりしだい締め切らせていただきます。
■参加費:JEN&JSC会員無料、非会員500円                    
■お問合せ・お申込みは、電話、E-mailで東京本部  
 事務局(担当:濱坂)まで、氏名、ご所属、ご連絡先をお知らせください。
 TEL:03-5225-9352
 E-mail:info@jen-npo.org

| | コメント (3)

2007年10月 7日 (日)

アフガニスタンのビジネス事情

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

本日は、カブールの街角で見かけた様々なビジネスをご紹介します♪

Pa040005
↑サングラス屋さん。
沢山のサングラスをグサグサグサグサ!っと刺した黄色いボードを肩に担いで売り歩いています。商売に良い場所を見つけたら、そこでお店オープン!

Pa060011
↑テレホンカード屋さん
当地には固定回線が殆ど無く、殆どの人が携帯電話を使っています。携帯電話はチャージ式で、ユーザーがテレホンカードを買って必要な通話度数をチャージしていきます。
テレホンカード屋さんはこのようにテレホンカードを繋げたシートと、なぜか札束をバサバサさせながら、主に通行人(車・徒歩)を目当てに商売しています。

Pa060015
↑本屋さん
カブールには本屋さんは数件しかないようです。
一方、このような青空本屋さんもあり、道行く人が足を止めて本を物色しているのを目にします。ちなみにカメラ目線のおじさんは単なる通行人です(笑)。

Pa060009
↑駄菓子屋さん
登下校途中の学生を狙って、スナック菓子を売っています。
私は、こんな感じのお店で全種類の駄菓子を大人買いする!という小さな野望を持っています。ふふふ。

如何でしたか?カブールのSME(Small and Medium sized Enterprise).
他にも色々な商売があるので、また折を見てご紹介していきますね!

| | コメント (0)

2007年10月 6日 (土)

自爆テロ犯の特徴

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

最近、治安の悪化を示す事件が本当に増えてきました。

例えば誘拐。
先週のANSO(Afghanistan NGO Security Office)のセキュリティ会議で聞いた話によると、その前の週にアフガニスタン全体で誘拐された人の数は、たったの1週間でなんと40人に登るそうです(アフガニスタン人を含む)。

また、自爆テロも、今年に入ってカブールだけで既に16件発生しているとのこと(会議後にさらに2件発生)。

そんな中、上記ANSO会議で、とても興味深い話を聞きました。それは、自爆テロ犯人の見分け方。

大抵、
・こぎれいな格好をしている。
・ゆったりした服を着ている(爆発物を隠すため)
・香水の香りがする(!!)
・挙動不審
というような特徴があるそうです。

JENでは、現在月に一回スタッフにセキュリティトレーニングを行っていますが、その席で上記情報をシェアしました。
すると、スタッフからさらに興味深いことを教えてもらいました。

それは、自爆テロ犯はアイラインを引いていることが多い、ということです。
そのスタッフによると、イード祭などで羊を屠るとき、羊の目にアイラインをひくのだそうです。
それにより、神に捧げる生贄であるということを示すそうです。

すなわち、自爆テロ犯は、己を羊と同じく神に捧げる生贄と考えているとのこと。
だから、こぎれいな格好をしたり、香水の香りを漂わせたりしているのですね。

ちなみに、当地では赤ちゃんや子どもにアイラインを引いているのをよく見かけます。
タダでさえ大きなお目目が益々パッチリ!
あれにも何か意味があるのでしょうか。今度確認してみたいと思います。

| | コメント (4)

2007年10月 5日 (金)

カブールの暮らし

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

「アフガニスタンに長く住んでいると神経が磨り減ってくる」というのは、方々で聞かれる言葉です。
そして、ちょっとオカシクなっちゃう人もいるとか。

というのは、生活面では、徒歩での外出はまず無理、最近では車での外出もかなり厳しいような閉じられた空間、職住近接(または同一)、治安面での不安等々が、そして、仕事面では、一つのことがなかなか思うとおりに進まないこと、なかなか改善が目に見えない環境や社会・・・・etcが雪のように降り積もって、精神的に圧迫されてしまうようです。

「しまうようです」、とヒトゴトみたいに書いていますが、勿論私も精神的な疲れを感じることはしばしば。
ブログとの関係では、アウトプットする体力というか、アウトプットしたいと思う気持ちに繋がる感性というか、アウトプットに至るまで考察する知力というかが底を突きつつあるような気がします。
書きたいテーマは沢山あるのですが、じっくり考えることができなくなってきている気がします。
人間ですからね。当たり前といえば当たり前です。うん。

さて、そんな疲れを癒すために、もうすぐ帰国休暇に入ります♪
この1年、ガムシャラに走り続けてきた気がしますので、ここで1回リセットし、越し方行く末をゆっくりじっくり考えてみたいと思います。

そして、美味しいものを沢山食べてエネルギーを蓄え、次のタームに備えたいと思います(笑)。
ちなみに今食べたいものは、

坦々麺(赤坂飯店)、トムヤムラーメン(ティーヌン)、寿司(六法)、浅草の海老天丼、焼肉(叙々苑)、トンカツ、しゃぶしゃぶ、讃岐うどん、うなぎ(ひつまぶし)、鯛茶漬け、串揚げ、お好み焼き、たこ焼き・・・。

といったところです(笑)。

なお、帰国の際には、JENの東京本部で帰国報告会をさせて頂きます。
日程が決まったら、またこちらでもお知らせいたしますね。

| | コメント (2)

2007年10月 4日 (木)

とある日常

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

今日もまた、発電機が故障しました。

その結果、私のコンピューターの電源を入れるACアダプターがお亡くなりになってしまいました・・・。
彼(彼女?)は、煙を噴き出しながらも、自分の身を挺してコンピューター本体を守りきってくれました。
その勇気ある行動に感謝します・・・。黙祷。

実は私のACアダプターは2代目でした。
最初に使っていたものも、同じ事故で壊れています。
当地では電力がはなはだ不安定なので、常に電圧安定のための電圧器を2重に使い、また、電圧状況を示すコンセントを使っています。
にもかかわらず、同じような事故が頻発。

本日の事故でも、突然バチン!という音がし、電圧器とACアダプターの双方から煙がもくもくと立ち昇ったのでした。
急いでACアダプターをコンセントから抜き、電圧器の電源を切りましたが、一部のコンピューターからは電源が落ちてしまいました。

現在はようやくやって来たシティパワーの電気で働いていますが、最近は電気は夜しか来ないのです。

一方、壊れた発電機は現在修理中。日曜日には仕上がる予定と言われていますが、どうなることか。

そんな中、仕事は山積みで、来週もまた仕事のピークを迎えます。
明日・明後日をいかに凌ぐかが課題です・・・。

あ゛ー。

| | コメント (0)

2007年10月 3日 (水)

初秋

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

カブールは朝晩本当に寒くなってきました。
今も厚手のフリース+長袖Tシャツ+長ズボンといういでたちですが、足元からじわじわと寒さが登ってくる感じがします。

ということで、寝る時は毛布を二枚もかけて、且つネコスケ(湯たんぽ代わり)と一緒に寝ています。

しかしながら、ネコスケは昼間1人(1匹)で過ごしているため、どうやら殆ど寝ているらしく、夜は遅くまで大暴れするわ、朝は早くから起き出すわで、私と生活リズムが全く合いません(>_<)。

夜は、私が寝ようとしても、遊んでくれー!!って感じで噛んだり引っ掻いたり蹴っ飛ばしたりしてきます。
朝は、私がまだ寝ているところを、顔をぺしぺし叩いてきたり、鼻を舐めたりして、起こしてくれます。
とてもカワイイのですが、もうすこし寝ていたいなぁ、と思う初秋の朝です(笑)。

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

イスラーム生誕

イスラーム生誕
井筒俊彦(中央公論新社)

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

赴任している国を理解しようとする気持ちは、一種恋をしているような気持ちのようにも思えます。
相手のことをより良く知りたいと思い、その考え方の根幹を成している思想や宗教を理解しようとするような。

この本を読んでいて、そんな気持ちになりました。
スタッフのことを理解したいと思って手に取った一冊。

イスラーム初心者の私にとっても、とてもわかりやすく、また、「なるほど!」と思えるような気付きに溢れた本でした。

例えば、イスラム教の起こりと、その時代を支配していた「ジャーヒリーヤ(無道時代)」の騎士道的思想の大いなる違い。
「アッラー」という神が、多神教が主だったジャーヒリーヤ時代の中を、唯一の神として進化していった発展経路を、言語学的側面から辿った過程。
イスラム教と、先行していたユダヤ教やキリスト教との初期の共存のあり方。
それから、「イスラーム」、「カリーム」、「ムスリム」などの言葉の意味と発生の過程、等など。

特に、砂漠の民ベドウィンのジャーヒリーヤ時代の思想と、現代のアフガニスタンで流れる思想の類似性(過去に対する執着=慣行、部族=存在の根源等)には考えさせられると同時に、アフガニスタンにイスラムが根付いた理由が逆説的に証明されているようで、興味深かったです。

いずれ時間が出来たら、アフガニスタンでのイスラム教の起源等について書かれた本をじっくり読んでみたいと思いました。

| | コメント (2)

2007年10月 1日 (月)

とある街角の風景

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

今日は、カブールの街角の風景をご紹介します。

P9270003
↑小売店。水やビスケットからシャンプーや洗剤などの日用雑貨まで、様々なものを取り扱っています。

P9270001_2

↑ガラス&鏡&その他建材屋さん。店の看板の文字を鏡で作っているところがなかなかオシャレ。

P9290007

↑野菜の売り子。日々の料理でよく使われる野菜(じゃがいも、トマト、たまねぎなど)や果物は、このような移動屋台式の店舗で売り歩かれています。もちろん、市場や店舗でも売られていますヨ。

P9270006

↑ブッチャーストリート(肉屋通り)。
肉屋さんや野菜屋さんが軒を連ねています。首を落として皮を剥いだ牛や羊がぶらーんと店先にぶら下がっています(写真は撮りませんでした・・・笑)。

如何でしたか?カブールの街角の風景。
興味深い街角の風景は沢山あるので、折を見てご紹介していきますね。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »