« 初心 | トップページ | 暑中お見舞い »

2007年8月15日 (水)

終戦記念日に想うこと

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

8月15日は終戦記念日ですね。

早いもので、紛争地で働き始めて9ヶ月と半月が経ちました。

その間、この国で25年の紛争により失われたものの大きさを実感する日々でした。
本来あるべきものがない、あったけれども失われて久しい・・・etc。
そしてそれは、物的なインフラストラクチャーのみならず、人びとの本来身に付けているべき能力・スキルや、国家としての機能であったりもします。

どのような状況においても、武力による解決が正当化されるべきではありません。
それにより失われるものの大きさ、それにより生まれる新たな憎しみ、そして新たな破壊。

何事においてもそうですが、例えば人間関係でも、壊すのは一瞬ですが、築き上げるには長い時間がかかります。

経験から学ぶのが人間の人間たる所以だと思います。
無益な歴史を繰り返さないようにしたいものです。

|

« 初心 | トップページ | 暑中お見舞い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初心 | トップページ | 暑中お見舞い »