« 癒し系 | トップページ | アフガニスタンのフルーツ:⑫杏 »

2007年8月 9日 (木)

人生最良の日

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

先日、当地に来てから初めて、アフガニスタンの結婚式に参加してきました。

カブールに数多ある結婚式場の1つに近づくと、既にお腹に響く大音量の音楽が聞こえてきます。
会場は、男性用と女性用に分けられており、私は女性用の会場へ。

大ホールのような場所に一歩足を踏み入れると、40個程のテーブルが所狭しと並べられており、そこには見渡す限り女性が座っています。
そして、会場の中央正面には舞台があり、電子ピアノ、電子ドラム、ギター、ヴォーカルの4名で構成されるバンドが、中東風の音楽を大音量で演奏し、その前のスペースでは、女性や子供たちが激しく踊っています。踊りも中東風の妖艶なもので、ちょっとビックリしてしまうような激しさ。

そしてとにかく驚くのは、女性たちの華やかさ。
カラフルなビーズやスパンコールがこれでもかと散りばめられた煌びやかな衣装をまとい、驚くような化粧(白塗り+ただでさえ彫りの深い顔立ちをさらに強調するようなアイメイク+眩しく光る口紅)をしています。

大音量の中、まばゆいばかりの女性たちの踊りの様子を見るともなく見ていると、新郎新婦が登場。
新郎が新婦の腕を引き、沢山の親戚を引き連れ、照明に照らされビデオカメラで撮影されながら、中央舞台の対面にある椅子の並べられた舞台に進んでいきます。その途中、周りを取り囲んだ親戚の人たちがきらきら光る金粉のようなものを新郎新婦に振り掛けています。

新郎新婦が舞台に到着すると、続々と親戚や友達がその周りを取り囲み、大撮影大会。
と言っても、一般の人の写真撮影は禁止で、新郎新婦が引き連れてきたカメラマンが撮影をしています。その間も、音楽とダンスは継続。

撮影がひと段落すると、来た時と同じような状態で新郎新婦が会場を後にします。
その後、食事が始まり、またダンスが始まり、三々五々お開きになっていきます。

ちなみに、新郎新婦のお披露目は、男性用の会場ではありません。
というのも、奥さんの写真でさえ他人には絶対に見せないお国柄。新婦を男性陣の目の前に連れて行くなどということはありえないようです。

結婚式会場は撮影禁止なので、残念ながらお式の写真はありませんが、頂いた引き出物の写真をどうぞ(↓)。

P8050543_4

中には砂糖で固められた豆菓子とキャンディーが入っていました。喜喜。

P8050551_2

|

« 癒し系 | トップページ | アフガニスタンのフルーツ:⑫杏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 癒し系 | トップページ | アフガニスタンのフルーツ:⑫杏 »