« ローマ人の物語-ハンニバル戦記 | トップページ | アフガニスタンの朝 »

2007年7月 8日 (日)

アフガニスタンのフルーツ:⑧桃

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

忘れた頃にやってくる、アフガニスタンのフルーツシリーズ♪
本日は、桃をご紹介します。当地の言葉でシャフタールー。

最近、カブールの市内では、沢山の桃を積んだ移動式屋台を目にする機会が増えてきました。
車で市内を移動中に窓を開けていると、甘ーい香りが漂ってきます。

味も香りも日本で食べる桃と一緒!
香り高く、甘くて瑞々しくて、とても美味しいです♪

大きさは、日本の桃よりふた回りくらい小さいものが主流のようです。

Photo_73

夏真っ盛りと言った気候のカブールの街中では、フルーツ屋台の種類も日を追う毎に増えてきました。
マンゴー、スイカ、メロン、桃、バナナ、チェリー、等々。
目にも鮮やかな色のオンパレードで、明るい気持ちになりますね☆

Photo_74

よくばりすぎ?(笑)

|

« ローマ人の物語-ハンニバル戦記 | トップページ | アフガニスタンの朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマ人の物語-ハンニバル戦記 | トップページ | アフガニスタンの朝 »