« アフガニスタンの食事:⑩AFC | トップページ | アフガニスタンのフルーツ:④柘榴 »

2007年6月26日 (火)

アフガニスタンのフルーツ:③葡萄

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

アフガニスタンのフルーツ紹介シリーズ!

第3回目は葡萄です。
当地の言葉(ダリ語)では、アングールと呼ばれています。

葡萄の盛りは7~8月。
シーズン直前の今、JENのオフィスにある葡萄棚では、葡萄の実がすくすくと成長しています。

P6240528
ちょっと口にしてみたところ、味はすごく酸っぱかったです(当たり前・・・笑)。
しかしながら、無農薬の葡萄、とても力強く豊かな味わいがしました。
日本で食べるものよりも味が濃い感じ。

ちなみに、JENの事業地のあるパルワン州は、葡萄の産地として有名です。
カブールからパルワン州に延びる道路の両脇では、葡萄畑が目に鮮やかな緑色の葉を繁らせています。

P6240562

特徴的なのは、日本のように枝を高い棚に這わすのではなく、地面や木の柱に這わせていること。
くねくねと地を這う葡萄の木は、一見葡萄には見えません。
また、木の柱に這わせている様は、ちょうど朝顔の苗のようです。

早朝の葡萄畑では、柄の長いスコップを持った農夫たちが、共同作業で畑を掘り起こしたり、雑草を抜いたりしています。
どうやら、今日はアブドゥラの家の畑、明日はファヒムの家の畑、というように、近所の人たちが持ち回りで畑仕事をし合っているようです。

JENの葡萄の収穫時期ももうすぐ。
あと1、2ヶ月で美味しい葡萄が食べられそうで、とても楽しみです♪

|

« アフガニスタンの食事:⑩AFC | トップページ | アフガニスタンのフルーツ:④柘榴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフガニスタンの食事:⑩AFC | トップページ | アフガニスタンのフルーツ:④柘榴 »