日々のこと

2008年11月 6日 (木)

帰国しました!

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

ご心配頂き、また暖かいメッセージを頂き、
本当にありがとうございました。
おかげさまで、無事日本に帰って来ました!
(ちなみにネコスケも一緒です♪cat

振り返ってみると、様々な事件が連続して
起こったこともあり、帰国の直前はかなり
精神的にも厳しい状況にありました。

特にここ数カ月は、ライフル銃を持った
軍人や警官に追われたり、近くの建物が
爆発するというような夢を沢山見ました・・・wobbly

特に、自分自身もそうですが、スタッフの
身に対する懸念が常に気持ちの第一優先に
あったこともあり、日々治安情報の収集
分析を行っていたことが、このような
夢を見た原因かなと思っています。

とは言え、日本に帰ってきて、街中をぶらぶら
歩いたり、家族と生活したり、レストランで
食事をしたりというような普通の生活を送る
ことで、気持ち的にも大分落ち着いた気がします。

また、落ち着いたらアフガニスタンについて
考えたことについて、まとめたいと思います。

取り急ぎ、帰国の報告でした!

ありがとうございましたhappy01

| | コメント (3)

2008年10月11日 (土)

離任に向けて

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

一昨日はスタッフがお別れ会を開いてくれ、
繊細な細工の施されたアフガニスタンの
民族衣装をプレゼントしてもらいました。

Cimg1724_2

ちょっと若向きにすぎるようにも思われる色合いの
それを身に付け、スタッフ達と記念写真を撮っていると、
2年前に赴任した頃のことを思い出しました。

前任者(男性)からの引き継ぎが終わり、
彼の送別会を事務所で行った時。
やはり同じように民族衣装を贈られ、一人一人と
記念写真を撮っていました。

あの時は、例えば遠隔管理体制への移行等、
その後に起きる様々なことなど想像だにせず、
トランプマークのついた帽子をかぶり、あたかも
マジシャンのようないでたちになってしまった(笑)
前任者の姿をとても微笑ましく眺めていたものでした。

===
遠隔管理体制に移る際に、書類や私物はかなり整理して
行ったのと、事務所の備品等は総務担当の
ナショナルスタッフがきちんと整理・管理して
くれるようになってきたので、今回はそれほど大量に
整理するものもなく、淡々と片付けをしています。

とは言え、昔の勉強用の資料が出てきたりすると、
その当時のことが思い浮かび、しばし懐かしい気持ちに
浸ったりしています。

===
今日は、今年に入って退職したスタッフが、わざわざ
事務所まで挨拶に来てくれました。

遠隔管理体制に移って以降、カブール事務所の担当者として
頑張ってくれた彼でしたが、その後倍の給与で国際機関に
引き抜かれて行ったのでした。

特に手探り状態と言っても過言ではない遠隔管理体制
移行直後の頃は、それまでと異なり全てを自分で
やらなければならない厳しいプレッシャーの中、
頑張っていた彼。
それでも、投げ出すことなく軌道に乗るまで
頑張ってくれたのは、本当にありがたいことでした。

色々と振り返ってまとめを書きたいと思いつつ、
なかなかじっくり考える時間もなく、
なんと なく日々のことでした♪

| | コメント (7)

2008年10月 9日 (木)

離任

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

突然ですが、10月末に事務所長としての
任期満了を迎えます。
これに伴い、アフガニスタン/パキスタンを
離任します。

2007年4月にブログを開設して以来、
多くの方々の暖かいお気持ちに
支えられてきたことを、感謝します。

不定期更新の中、いつも訪問して下さった皆さま、
暖かいメッセージを送って下さった皆さま、
JENの活動をご支援下さった皆さま、

皆さまのおかげで、このブログを続けることが
できました。
そして、ブログのおかげで、日々の業務に埋没
しがちなところを、幅広くまた異なる視点で
考える機会を頂いていました。
本当にありがとうございます。

赴任から2年経ったということが、
信じられないくらい
短かったようでもあり、
長かったようでもあり。

ということで、今週から引き継ぎ等々のため、
最後のカブール出張に来ています。

悔いのないように、がんばります♪

| | コメント (2)

2008年9月25日 (木)

ネコスケの大冒険

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

最近、心地よい秋風が感じられるようになってきた
イスラマバードです♪

爽やかな風を感じるため、先日、玄関のドアと窓を開けて、
オフィスにも風を通していました。

ところが、ふと気がつくと、さっきまでその辺をウロウロ
していたネコスケが居ないではありませんか!!

JENのオフィス兼宿舎は、マンションの一室にあります。

ネコスケは、たまにオフィスの玄関前の廊下に恐る恐る出て、
カラスなどに対し弱そーな声でケンカを売ったりしている
のですが、玄関前から動いたことはありませんでした。

しかし、その玄関前にもいません。

ずっと家ネコとして育ててきたので、外で迷ってしまったら
屈強な野性ネコたちの中では到底サバイブできないことは確実!

オフィスから飛び出し、必死になってネコスケを呼びました。
するとマンションのどこからか鳴き声が!

私「ネコスケー!ネコスケー!どこー??」  (←日本語)
ネコスケ「ウギャ~!ウギャ~!ウギャ~!」(←ネコ語)
    (助けて~!助けて~!助けて~!)  (←翻訳)

この世のものとも思えないものすごい叫び声に、
どこかで捕まって虐待されているのでは?!

と、さーっと血の気が引きました。

すると、エレベーター前に居た親切そうなパキスタン人が、
半ばあきれたような感じで、1階下のフロアを指さしました。

急いで降りてみると、1階下のフロアのJENのオフィスと
同じ場所にある家の玄関前で「ドア開けてくれ~!!」って感じで
必死に叫んでいるネコスケが・・・。

うーん、お前さん、場所間違えてるよ・・・?(-_-;)

その後、無事捕獲され、オフィスに帰ってきたネコスケは、
ぜーはー言いながら椅子の下に潜り込んでしまいましたとさ。

惰眠を貪るネコスケ(↓)

Cimg1349

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

イスラマバードで自爆テロ

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

9月に入って以降、ラマダン(イスラム教の断食期間)の
ため、ここイスラマバードでは毎日の計画停電が無くなり、
24時間電力を享受できる幸せを噛み締めていた今日この頃。

一方、インターネットの調子が悪く、メールの送受信は
出来るけれどインターネットに接続できない、等の
症状が続いていたため、更新できずにおりました。

まだ接続速度がかなりスローな状況が続いていますが、
なんとかネットにアクセスできるようになったため、
更新してみます。

===
昨日、イスラマバードのマリオットホテルで、自動車に
よる大規模な自爆テロがありました。

JENの事務所兼宿舎は、マリオットのある場所から10km程
離れているのですが、爆発があった時はかなり大きな音と
振動が伝わってきました。
最初は、事務所の近くで大きな自動車事故が起きたのか、
または地震かと思ったくらいです。

その後の報道で、ホテルの複数の客室から火が噴き出して
いる映像や、検問所で爆発するトラック、クレーターのように
大きな穴が開いた地面などの映像が続々と映し出されてきました。

大変多くの方々が亡くなったり負傷されたとのこと。
ご冥福をお祈り申し上げます。

おかげさまで、JENの国際スタッフ・ナショナルスタッフ
共に、現場にいたものはおらず、全員無事でした。
ご心配頂いた皆様、本当にありがとうございます。

===
パキスタンは、昨年末か今年初めころのEconomist誌で
「世界で最も危険な国」という輝かしい称号(?)を
得ています。

確かに、昨年10月にこちらに移ってきてから、今ざっと
思いつくだけでも、
・非常事態宣言の発令
・ブットー元首相暗殺
・イスラマバードのイタリアンレストランで自爆テロ
・ラール・マスジット1周年の自爆テロ
・デンマーク大使館で自爆テロ
・イスラマバード近郊の兵器工場で自爆テロ
・ギラニ首相暗殺未遂
・マリオットホテル自爆テロ

等々、首都のイスラマバードとその近郊だけでも、かなり
不安定さ増していることを象徴するような事件が頻発しています。

加えて、北西辺境州では大規模な武装勢力掃討作戦、
ワジリスタンでは米国主導の掃討作戦等々、紛争状態と
なっている地域が増えています。

このような不安定地域の拡大が、首都の治安悪化に影響して
いるように思えてなりません。

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

久々の邂逅

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

今日は、世銀、国連、NGO等々で働く友人たちと久々に会い、
食事をしました。

同じような境遇で、同じような困難に直面し、悩みながら
でも前向きに働く友人たちと会って話をするのは、
とても楽しくリフレッシュできるものですね♪

気付けばなんと5時間も経ってました!
食事して、話して、お茶して、話して・・・・(笑)

1~2週間の出張期間であっても、カブールの閉塞感に疲れを
感じてしまいますが、カブールに常駐して仕事を継続している
友人たちを尊敬します。

みなさんありがとーございました♪
また会って話をするのを楽しみにしています♪

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

豊かな時間

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

慌ただしいカブール出張の日々を送っています。
基本的に2週間がmaxの滞在日数のため、
詰め込みスケジュールにならざるを得ません。

とは言え、休日の今日はちょっとだけのんびりしました。

事務所の中庭の日陰でのんびり読書。

そしてたまにスタッフとなんでもない会話。
(赤ちゃんの寝かせ方とか(この辺りでは、
 赤ちゃんを布でぐるぐる巻きにするんですが、
 日本ではうつぶせ寝が賞賛されているとか)、
 家庭では誰がお金を管理しているのかとか、
 モスクでのお作法とか・・・・etc)

ひらひらと紋白蝶が飛び交う花壇。
きらきらと溢れる木漏れ日。

ねむーくなってしまうくらい、メローな時間を過ごしました。

むかーしむかし、毎週のようにサーフィンに行ってた時に、
ぼんやり浜辺で波音を聞きながら波を見ていた時と
似たような気持ちを感じました。

とても豊かな時間でした♪

| | コメント (2)

2008年8月11日 (月)

茶柱

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。


今日からまたアフガニスタン入りしました。

夕食はセキュリティガードが招待してくれたので、
ガードルームでの彼らの夕食にジョインしました。

卵とトマトを炒ったもの。
Cimg1382
シンプルな味付けですが、とても美味しかったです。

こちらからは、季節のフルーツのメロンをお返しに。

久々に楽しい夕食でした♪

===

ところで、食後にお茶を飲んでいた時のこと。

日本では、茶柱が立つと、良いことがあるって言いますよね。

アフガニスタンでは、茶柱が立つとお客さんが訪れる前触れ
なのだそうです。


めったに立たない茶柱が立つことに、それぞれ好意的な意味付けを
持たせているという、文化面の共通点にちょっと驚き。

加えて、来客=良いこと、と捉えることが正しければ、
アフガニスタンのメルマスティア(客人歓待)の奥深さに
つながるようにも思え、とても興味深かったです。


そんな話をしながら、ダリ語吹き替え版のインドドラマを見つつ
(私は内容は全くわからないので、所々スタッフの解説を聞きながら)、
みんなで楽しい夕食を頂いたのでした。


明日から頑張るぞ!!

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

雨上がり

皆さんこんにちは。JENカブール事務所長の柴田哲子です。

昨日の雨上がり。
JENパキスタンミッションの成田君に教えてもらい、空を見てみました。

イスラマバードでは、ちょっと幻想的な空が広がっていました。
Cimg1291

Cimg1293

Cimg1294

Cimg1298

Cimg1297

ちょっとパリっぽくないですか?
白い屋根のモスクが、サクレクール寺院みたいだなぁと
思ったりしてwink
誰からも賛同を得られないんですけどねsmile

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

パキスタンのこと②

皆さんこんにちは。ジェンカブール事務所長の柴田哲子です。

昨日に引き続き、今日も、パキスタンのちょっと良いところを
ご紹介しましょう♪

随分前のことですが、Salt Rangeという観光地に遠足に行きました。
イスラマバードの南東約80km、車で2時間程度の場所にありますrvcar

ここはガイドブックにも載っていません。
しかしながら、パキスタンの人びとにとってはとても有名な
観光地らしく、沢山の人が訪れていましたcarouselpony

Salt Rangeとは、その名のとおり「塩の山脈」のこと。
世界最大級の岩塩鉱山を有する山脈なのだそうです(!)。

そして、観光地になっている場所は塩の採掘場。
今も稼働しています。

===

途中ラクダに会ったりしながら向かいました。
Photo


岩塩採掘場内には、こんなトロッコ列車で入っていきます。
ちょっとディズニーランド気分(笑)event
Photo_2

Photo_3

Photo_4
内部は結構ひんやりしています。

列車の終点に着くと、岩塩で作ったモスクなどの建造物が!
Photo_5

分譲住宅?
Photo_6

エッフェル塔?
Photo_7

こんな橋を渡ったりします。幻想的でしょ?
Photo_9

そして、塩湖も沢山ありました。
Photo_8

七色にライトアップされた場所。
Photo_10

塩の結晶。
Photo_11

構内には土産物屋まで!
箱入りティーバッグを売るセンスが若干謎です(笑)。
Photo_12

採掘場から出たところで、現地のギャル(死語)に囲まれました。
外国人がものめずらしかったようです。
Photo_13
「きゃー、どこから来たのー?」みたいな感じ。
ギャルたちのハイテンション振りにちょっとタジタジ。
なんて言いつつも、有名人気分でパチリcamera

| | コメント (0)

より以前の記事一覧